水回り


ユニットバス交換工事

工期:4日(付帯工事含む)

参考価格:80万円~

 

●将来的な入浴介助を想定して、1616サイズ以上を推奨

 

●ヒートショック対策のため、浴室乾燥機は必須

 

●脱衣所との段差は20mm以下に抑える(車椅子の場合は5mm以下)

 

●引き戸が望ましい

 

●手すりは下地が無くても後付けが可能

 

●視認性を良くするため、手すりは壁パネルと色を変える

 

●TOTOの『ほっからり床』は床に弾力があるので、転倒時のケガの軽減や、入浴介助時の膝つきの負担も軽減します。

 

●費用を抑えたい場合は、できる限り福祉用具を利用します。



トイレ交換工事

工期:1日

参考価格:20万円~

 

●寝室からの動線を整備(4m以内が理想)

 

●できる限り長辺側を入り口にします。

 

●前方、側方に500mm以上の介助スペースを確保(難しい場合は、ひきドアや連動建具を利用して廊下を介助スペースとして確保する)

 

●手すりは利き手側に設置

 

●トイレの手すりは将来的に必ず必要となるので、あらかじめ下地を仕込んでおく。

 

●介助のしやすさを考慮すると、温水洗浄便座は必須

 

● ペーパーホルダーと手すりが干渉する場合、手すり下部50mm以上、上部なら200mm以上離して、ペーパーホルダーを設置

 

●タンクでの手洗いは腰に負担がかかり、姿勢も安定しません。トイレ外での手洗いも検討して下さい。




洗面脱衣所

 

通常寸法:1235×1650

化粧台前方に600mm以上のスペース確保

 

車イス利用時必要寸法:1650×1650

化粧台前方に1000mm以上のスペース確保

 

●脱衣所にも暖房設備は必要

 

●車イスの場合、入口正面に化粧台があれば直進で利用可能

 

●多目的流しや、身体状況によっては自動水洗の設置も検討して下さい。

キッチン

 

●対面式だと調理中も居間に気を配ることができます。

 

●IHコンロは安全で掃除もしやすい。

 

●介助者の掃除の手間を省くため、掃除のしやすいレンジフードや食器洗い乾燥機も検討する。

 

●車イスの場合、調理スペースに1200mm必要

 

●座りながら調理ができるキッチンもありますが、収納スペースが激減するので注意が必要です。