自閉症・発達障害のあるご家族のための住宅改修


無断外出の防止


無断で外出する行動は非常に危険です。行方不明や交通事故など子供の命に直接関わってきますので、このような行動がある場合は早急な対応が必要です。

リモコン式電気錠

配線工事が不要の商品もあり、賃貸でも設置可能です。

両側シリンダー錠

室内側、屋外側どちらともキーで施解錠できるようにします。


ダイヤル式クレセント

ダイヤル錠で窓の開閉を制限します。

カギ付きクレセント

カギで窓の開閉を制限します。


格子戸

室内側に格子戸を設置すれば、通風や換気を確保しながら無断外出を防止することができます。格子戸にもシリンダー錠を付けます。

忍び返しフェンス

2m以上の忍び返しの付いたフェンスであれば容易に乗り越えることはできません。


キッチンへの自由な出入りを制限


キッチンには子供の好きな食べ物や飲み物がたくさんあり、水遊びもできる絶好の場所です。同時にコンロや包丁などもあり、火傷やケガにつながる可能性が高い場所でもあります。まずは安全対策を最優先に考える必要があります。

格子戸

壁や扉で囲ってしまうと熱がこもってしまいますので、格子でキッチンを囲います。格子であれば居間の様子を確認しながら調理をすることができます。

格子引戸

壁付けキッチンであれば、引き戸でキッチンスペースを仕切ってしまう方法もあります。


破損を防ぐ


衝動的な行動や遊んでいる際に物を破損させてしまうことがあります。同じ事を繰り返すため破損したままにしておくこともあるようですが、破損したままだとケガにつながる可能性もありますし、みずぼらしいままにしておくと空気も淀んでしまいます。ちょっとした工夫で破損を防ぎ、キレイな住まいを保ちましょう。

ドアレバーにぶら下がる

⇒掘り込み式取っ手に交換すれば破損を防げます。

襖を破る

⇒木製戸に交換することをオススメします。既存の枠を利用して設置できる商品もあるので、大がかりな工事も不要です。


窓をたたく

⇒窓をたたく行動は非常に危険です。万が一に備えて飛散防止フィルムを貼ることをオススメします。

カーテンにぶら下がる

⇒マジックテープのカーテンや突っ張り棒+ハトメカーテンを利用すれば、ぶら下がってもカーテンが落ちるだけなので破損を防げます。


スイッチを何度も入り切りする

⇒ガードプレートを設置してスイッチを見えないようにすると効果的です。

テレビをたたいたり、落とそうとする

⇒収納内にテレビを設置して、テレビを見ないと時は扉を閉じたり、格子とポリカで囲いを作り視聴中もテレビに触れない状況にすることも可能です。


防音対策


家の中を走り回る音、飛び跳ねる音、大声などは近隣からの苦情につながることが多く、家族のストレスは増大します。また防音工事は工事後でないと効果もわかりませんので、慎重な検討が必要です。

内窓

既存の窓の室内側にもう一つ窓を設置します。大声などの防音対策に効果があります。

防音タイルカーペット+防音マット、防振マット

住宅改修による床の防音対策は高額な工事程の効果は期待できません。既存の床に防音素材を据え敷く方が費用対効果があります。