ベッド上での排泄

みなさんこんにちは。大阪北摂地域(摂津市・吹田市・茨木市・箕面市・豊中市)のバリアフリーリフォーム・介護リフォーム専門店 昭和リフォームの新井です。

 

ヘルパーの仕事をしていると、ベッド上で側臥位の状態で排泄(摘便)している状況に出くわすことがあります。血圧の関係で終わった後はしんどうそうです。便も腸内に残っていると思います。体内毒素の70%が便から排出されますので便は出し切らないといけません。

 

自然排便は3つの力で行われています。

 

①直腸の収縮力=意識的に動かせない

 

②腹筋を収縮して腹圧をかける=意識的に動かせるが高齢になると筋力が低下する

 

重力

 

重力を最大限に生かす姿勢は『座位』です。実際、側臥位の状態で出なかった便が、電動ベッドの角度を上げていき、座る状態に近くなると便が出てくることがあります。まさに重力の力です。ですので、できる限り便は座ってしたいものです。トイレまでの距離が遠くて不都合がある場合はベッド横にポータブルトイレを設置します。今はポータブル水洗トイレ(戸建用)もあるのでお掃除の手間もありません。