ヒートショック対策

みなさんこんにちは。大阪北摂地域(摂津市・吹田市・茨木市・箕面市・豊中市)のバリアフリーリフォーム・介護リフォーム専門店 昭和リフォームの新井です。

 

高齢者の3大事故といえば『転倒・窒息・ヒートショック』ですが、転倒とヒートショックは住まいを整備することによって防ぐことができます。そう考えるとリフォーム会社の役割は非常に重要ですね。

 

まず最優先にヒートショック対策が必要なのは浴室です。上の図からもわかるように血圧が急激に変化しやすい状況が浴室には整っています。(さらに高齢になると温度の変化に合わせて血液の流れを調整する働きも衰えています)浴室には浴室乾燥機を設置して浴室内の温度を一定に保てるようにします。浴室乾燥機にはガス式と電気式があり、ガス式の方がパワフルですが電気式100Vで十分です。

 

脱衣所も暖房器具で温めないと体が冷えてヒートショックが起きる可能性があります。ストーブなど床に置くタイプは足を引っかけたり危険なので、天井埋め込み式や壁掛け式の暖房器具を設置して下さい。

 

さらに室内も寒ければ対策が必要です。室内の冷えは窓からの隙間風が原因の可能性が高いため、まずは内窓を検討して下さい。(床暖房もオススメですが、意外にあっても使わないというお宅が多いようです…)

 

トイレも窓があったり間取り的に寒くなりやすい場所にあるかと思います。内窓や暖房器具を設置して下さい。

 

家の中全体を一定の温度に保てるのが理想的なヒートショック対策です。