介助しやすいトイレのサイズ

みなさん、こんにちは。大阪北摂地域(摂津市・吹田市・茨木市・箕面市・豊中市)のバリアフリーリフォーム・介護リフォーム専門店 昭和リフォームの新井です。

 

一般的なトイレは基本的に長方形の形(750×1200など)になっていると思いますが、これでは前方からしか介助ができず非常に不便です。いざという時のために介助スペースは確保しておきたいところですが、どれくらいのサイズにしておけばよいのでしょうか?ずばり、最低1350×1350以上を確保して下さい。このサイズなら便器の前方と側方に500㎜程度の介助スペースを確保できます。マンションの場合は水まわりのサイズアップは難しいので、長辺方向を大開口の建具にして、廊下や脱衣所を介助スペースとして利用できるように計画します。なおウォシュレットも必須です(介護の負担を軽減してくれます)