介助しやすい公共トイレ

みなさん、こんにちは。大阪北摂地域(吹田市・摂津市・茨木市・箕面市・豊中市)のバリアフリーリフォーム・介護リフォーム専門店 昭和リフォームの新井です。

 

先日、気持ちよく介助できたトイレがあったのでご紹介いたします!

場所は大阪モノレールの摂津駅です。

 

まず清潔感があってスペースも広い!これは非常にポイントが高いです◎

(商業施設の多目的トイレは介助するには狭いところが多いので…)

 

汚物流しがあるのも本当に助かります○

脊髄損傷の方のレッグパック内の尿をペットボトルに移した後、ペットボトルを洗浄するのに使ったりします。汚物流しが無いと、手洗い場でペットボトルを洗浄しないといけません。ましてや自動水栓だと何回も反応させて水を出さないといけないので本当に不便なんです(>_<)ここの汚物流しはシャワーも付いていたり色々な使い方ができそうです。

 

左奥にはフックも付いています。冬場の介助時にに上着を掛けておけるので便利でした○

 

非常ボタンが床付近にも設置されています。自力で起き上がれない方が倒れた際に押すことができるので、配慮が行き届いてるなぁ~と感心しました。

 

こんな公共のトイレが増えたら、障害をもった方が外出しやすくなるし、介助者も楽になるなと思いました(^^)